トップページ > 国際交流 > 開発途上国向けの研修

開発途上国向けの研修

一般財団法人日本建築センター(BCJ)では、国際協力業務の一環として、開発途上国の人々を対象とした研修業務を進めています。1977年にJICA(独立行政法人国際協力機構、旧:国際協力事業団)の集団研修業務を受託して以来、25年以上にわたり建築・住宅分野における開発途上国向けの研修業務を実施しています。

JICA集団研修

JICAの国際協力プログラムのひとつであるJICA集団研修には多様な専門分野のコースが設けられていますが、その中で、BCJは、「建築防災」と「住宅・住環境の改善と防災」の2コースの企画・運営業務を受託しています。例年、建築防災コースは7月中旬から8月上旬にかけて、住宅・住環境の改善と防災コースは10月下旬から12月上旬にかけて実施されます。

IYSHハウジング・セミナー

1987年の国際居住年(IYSH)を契機として設立された「国際居住年記念基金」活動の一環として「IYSHハウジング・セミナー」が開催されています。BCJは、初回以来その企画・運営業務を受託しています。このセミナーは、日本に滞在中の開発途上国からの建築系留学生等を対象に、例年8月、夏休みの一週間を利用して実施されます。

  • 国際貢献活動
  • 海外の機関との交流・連携
  • 英文ウェブサイト
  • 英文ウェブマガジン

お問合せ先

一般財団法人日本建築センター
国際部

TEL:03-5283-0479
FAX:03-5281-2822
営業時間:9:15~17:45
※土日・祝祭日・年末年始等を除く

お問合せ

本業務に関する苦情

  • 申請様式等のダウンロード
  • 手数料一覧
  • 委員会日程
  • 所在地
  • お問合せ先一覧
  • 大阪事務所
  • 講習会
  • 書籍販売
  • ビルデイングレター
  • メールマガジン
  • 採用情報